多くの言語に対応!業者の見つけ方

複数言語に対応している業者

当然のことながら、英語だけに対応している業者よりも、複数の言語に精通している業者の方が効果は高まります。中国語やドイツ語など、サイトを訪れるユーザーを想定して様々な言語に対応しておくことで、より幅広いユーザー獲得へとつながるのです。注意したいのが、ただ翻訳を担当しているだけなのか、専門的な知識も有しているのかです。専門性の高いワードなどは、ただ翻訳できるだけではカバーできるとは限らず、ニュアンスが伝わらない可能性があります。特にビジネス関連の翻訳において致命的になりやすいため、過去の実績なども含めて信頼できる業者を見つけなくてはなりません。他にも、その国ごとに文化を把握していたりと、ただ文章を機械的に訳すだけでなく配慮が業者には求められます。

コストを抑えすぎないよう注意する

サイト翻訳を依頼する上でやってしまいがちなミスが、コスト削減を考えるあまり低品質な翻訳業者に依頼してしまうことです。特に複数言語に対応している業者の場合、コストが相場よりも低すぎる場合は単に質の低い翻訳文を提供しているだけかもしれません。多言語サイトの場合、どうしても英語に対応する以上にコストはかかるものです。予算と相談しながら、コストを抑えすぎないよう注意しましょう。また、必ずしも高品質な翻訳ばかりが求められるわけではありません。簡単な言葉の説明だったりと、そこまで専門性の高いワードが多くない文章を翻訳することもあるでしょう。そんな場面でコストを抑え、多言語サイトかつ質の高い文章が必要な時に予算を底上げすることで、適宜必要な分投資することが大切です。